遺言 相続 ペット信託® 補助金・助成金 御殿場・沼津・三島・静岡県東部 行政書士ワイズオフィス

御殿場市・沼津市・三島市など静岡県東部を中心に活動している行政書士です。遺言・相続、許認申請、会社設立、補助金・助成金申請などご相談ください。

初回の相談・メールでのご相談・お見積無料!TEL.0550-84-7377
MAIL.ys-office@iris.ocn.ne.jp
行政書士のしごと

講習会続き~補助金募集の始まり

トランプ氏が大統領になるようです。
何がどうなるのでしょう…

先週と今週立て続けに民事信託関連の講習会に参加してきました。

1つは相続税や民事信託に関わる税制に特化した内容です。
相続税の計算練習など時々アウトプットする場がないと
結構忘れてしまいます。ありがたい講習でした。

それはそうと、そろそろ平成28年度補正予算にからむ
補助金の募集が始まりそうです。

前回は自分のために補助金申請をしたので
今回は他の経営者さんの手助けができればと思います。

 

遺言書作成

先日、公正証書遺言の文案作成のご依頼を頂いた方に付き添って
公証役場にて遺言書の作成に立ち会いました。

遺言書の作成を考えられる方は、
以前に亡くなった家族の相続について
他の相続人と争う形になり、悲しい思いをされた方が多いです。

相続税についても、以前に多額の相続税を支払った経験から
ご自身の相続税の対策を考えられる方が多いと思います。

不快な思いをする経験をした方でなければ、
今もなお将来の相続対策の話をすることはタブー視されているようですね。

周りの家族からは中々言い出しづらいのも理解できますが、
争続問題にしても、相続税問題にしても、問題が発覚した後では
対策も中途半端なものに終わってしまいます。

相続について考えることが、当たり前の雰囲気になって欲しいものですね。

補助金業務講習会

今年も補助金業務の講習会に参加しました。
生産性向上すると認定された設備投資を行うと、
融資の利率が下がったり、固定資産税の減免を受けられる制度や
業務用ビルの二酸化炭素排出抑制のための設備投資に対する補助金等
探せば色々あるものです。
ただ、中小企業診断士や金融機関が補助金申請の書類作成の代行を
積極的にされているようで、行政書士が関与するケースが
まだ少ないようです。

補助金は、年に数回の募集で募集期間も短いので、
常にアンテナを張って、情報提供をしていって
行政書士=補助金申請支援のイメージを
定着させていかなければなりません。
280830hojo-kin

補助金申請採択!

6月に「小規模事業者持続化補助金」という補助金の申請を行いました。
先日結果が出たようで、商工会から採択されたと連絡を頂きました。(^^)
申請金額が少なかったから予算の中に納まったからでしょうか?
採択率が他の補助金よりは高いとはいえ、とにかくうれしいものですね。

これから申請した事業のために支出した費用の3分の1について補助を受けられます。
新商品や新サービスを考えていらっしゃる事業者の方は、
動き出す前に、補助金の申請にチャレンジした方がお得です。
当事務所もお手伝いいたします。ぜひご相談を!
※募集期間が限られます

建設業許可に「解体工事業」新設

平成28年6月1日より建設業許可の業種に
「解体工事業」が新設されました。

これから500万円以上の解体工事を請け負う建設業者は
解体工事業の許可を受けなければならなくなります。
※現在「とび・土工工事業」の許可を受けている業者は
平成31年5月31日までの猶予期間があります。

合同会社定款

先日、「合同会社」という種類の会社の定款作成のご依頼をいただきました。
合同会社とは、会社法施行により創設された会社で、
会社運営や配当方法など比較的柔軟な設定ができることから
少人数で始める場合に適した会社です。
設立登記にかかる登録免許税も株式会社より安いです。

合同会社も、株式会社と同様に「定款」を作成する必要がありますが、
株式会社の場合と異なり、定款を公証人により認証を受ける必要がありません。

書面で作成し、有限責任社員による記名押印があれば良く、
それを設立登記申請に添付します。
但し、書面で作成した際には、印紙税として4万円の収入印紙を
定款に貼らなければなりません。
しかし、行政書士等による「電子署名」という、その名の通り
電子的な署名をすることで、4万円の収入印紙が不要になります。
当事務所でも電子署名の対応ができます。

実際に合同会社に接する機会がなかったので、忘れがちになっていましたが、
行政書士として、もっと合同会社の認知度を上げていかないといけないと思いました。

即効利益アップセミナー

小山町商工会主催のセミナーに参加してきました。
講師は税講師の理士や社労士のほか色々な資格を持った方でした。

予想外にメンタル的なことが多かったですが、
内容も話し方も楽しい先生で、参加者がパワーをもらえるような
セミナーでした。

経営者は、どんな時でも考えること、学ぶことを止めてはいけない
日頃の何気ない会話からでも、仕事につながるヒントを見つけていかないと
いけないと改めて感じました。
当たり前のことなんでしょうけど、何かと理由をつけてやってない
ということありますからね。

受講料が無料だったのに、有意義なセミナーでした。

ペット信託勉強会

(一社)ファミリーアニマル支援協会主催の動物法務士対象の
ペット信託の勉強会に参加してきました。
全4回の第1回目です。

ペットに財産を法的に残すための方法として開発された「ペット信託」
ですが、まだ歴史が浅いため、実例が多くありません。

お客様の要望に応えられるように、知識のアップデートが必要です。
また、各地の動物法務士と情報交換をすることも貴重な機会です。

興味がある方は、ぜひ気軽に相談して頂きたいです。

 

補助金業務講習会

昨日は静岡県行政書士会主催の補助金業務講習会に参加してきました。

これから主に中小企業が受けられる補助金の応募が始まります。
中小企業が補助金を受けるまでには、面倒な書類作成作業があり、
補助金の採択を受けてからも、計画通りに事業を実行して
その報告をして、さらに補助金の請求をしなければなりません。

従いまして、ただでさえ忙しい経営者の方は、めちゃめちゃ忙しくなるでしょう。

行政書士は経営者の思いを文章にまとめ、事業計画の作成を支援して、
提出した後も、補助金を受けた後もフォローできるように勉強しています。
ただ、あくまで経営者が主導し、従業員の協力があって、事業を遂行できるものですし、
補助金だけに主眼を置いてしまうと、失敗するケースが多いようです。

新事業を考えていて、補助金に興味があるけど、踏ん切りがつかないという
経営者の方は、一度ご相談ください。