遺言 相続 ペット信託® 補助金・助成金 御殿場・沼津・三島・静岡県東部 行政書士ワイズオフィス

御殿場市・沼津市・三島市など静岡県東部を中心に活動している行政書士です。遺言・相続、許認申請、会社設立、補助金・助成金申請などご相談ください。

初回の相談・メールでのご相談・お見積無料!TEL.0550-84-7377
MAIL.ys-office@iris.ocn.ne.jp
遺言書全体に斜線は「無効」

遺言書全体に斜線は「無効」

このエントリーをはてなブックマークに追加

最高裁の判決で、作成した遺言書全体に赤い斜線を引いた
ものは撤回したものとみなされて、記載された内容は無効とする
判断がなされました。(ざっくりとですみません)

自筆証書遺言の場合、相続人予定者の一部の方の
意向が働いて、本人に書かせているケースがありますので、
せっかく遺言書を遺しても、相続人間でモメてしまう可能性が高く、
上記の裁判のように形式的な不備が指摘されることもあります。

ご遺族が財産の事で争うことを最小限に留めることを目的の1つと
していますので、これでは遺言書を作った意味がありませんね。

やはり遺言書を作成する際には、専門家のアドバイスを受けながら
公正証書で遺すことが一番安心できますね。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください